どうしても借入が必要でカードローン契約を結びたいが、、、ネットでよく目にするアコムをはじめとした消費者金融を利用中だと住宅ローンが組めなくなる噂。真相はいかなるものか?金融機関による審査基準や申し込み者の属性によって審査結果は変わってきますが、限りある情報をかき集め住宅ローンを徹底解剖してみたいと思います。単刀直入に言うと消費者金融を利用中ですと住宅ローン審査は厳しい結果、ほぼ無理です。

 

そもそも住宅ローンは消費者金融の借入とは違い金額も大きく返済期間も長いため金融機関も時間をかけて厳密な審査を行います。仮に審査は消費者金融の存在がなくとも申し込み者の属性や年収に大きく左右されます。そんな上で消費者金融を利用中であることは経済的に不安定なイメージが付きまといますので、将来の焦付きが疑われるのは当然のことでしょう。消費者金融を利用中は返済が滞るリスクが高いと判断されます。しかしながら利用してたと利用中では話が変わってきます。逆に完済の実績はマイナスなイメージではない様です。

 

完済することが消費者金融での借入だろうが信用の目安になるからです。ただし頻繁に借入と完済のサイクルはプラス材料とはなりません。また借入を完済していても契約自体は継続しているので、いつでも借入できる状況にあります。そこであえて住宅ローンの審査で好印象を与えるため契約を解除するのもよいでしょう。この様に借入しても、完済や契約解除で住宅ローンの審査を有利に進めることは可能です。

 

更に完済から5年以上経過している場所は悩む事は全くありません。なぜなら信用情報は完済から5年すると利用事実が登録から抹消されます。よって消費者金融の利用自体が住宅ローンの審査材料にされることがないからです。この様に住宅ローンを懸念するよりも、今必要な借入を受ける方がより良い生活に反映されることでしょう。そもそも借入したら完済するわけですから、住宅ローンの存在が少しでも早い返済動機につながりますね。