アコムの審査の最難関?バレずに在籍確認を成功させよう

アコム審査

カードローンを秘密に絶対バレずに利用したい!借入は喉から手が出るほどしたいけれど、この条件がクリアされなきゃ踏み込めないなんて方は多いと思います。実際に審査の過程で行われる勤務先への在籍確認の電話は頭痛のタネですね。消費者金融から勤務先に直接連絡が行くわけですから会社や同僚にバレるリスクは高いと言えます。しかしアコムでは個人のプライバシーに配慮した在籍確認を徹底してます。個人名によるアコムを伏せた電話連絡、何かを尋ねられても用件は絶対にいう事はありません。しかしこの様なサービスでも不安は解消されませんよね。

 

そこで本人確認の連絡の際にアコムの担当者との事前相談をオススメします。アコムではあなたの立場で最善の提案をしてくれることでしょう。しかしながら何でも聞いてくれる訳ではありません。その事例をまとめつつ、よりよい在籍確認の方法を考えてみたいと思います。まず在籍確認の日時の指定は出来ません。しかし自分がこの日なら電話に出れるからと言うよりは、この日なら会社に人がいる、電話に出やすいという方がアコムも参考にするかもしれません。またこちらから指定した社名での連絡はかないません。社会通念上ウソをつく事は絶対にしませんので社名に限らず用件なども同様に一切の対応が取られません。また連絡の際に特定の人物につなぐ様にお願いするのも好ましくありません。怪しまれます。

 

ただし確認が取りやすいという理由で所属部署や総務課などの連絡先を告げておく事はアコムにとっても在籍確認がスムーズに進むのでよいでしょう。またあらかじめ連絡の担当者の性別を指定することは可能です。特に個人名にて女性から勤務先に連絡があれば借入以前に要らぬ疑いをかけられる恐れがありますね。そして在籍確認を恐れるあまり、そもそも個人情報の申告を偽ることは大変危険です。勤務先自体がウソであった場合や実は退職済みであったなどの事実はそれだけで審査落ちの理由となります。またバレたくない思いが不正なアリバイ会社の利用につながるケースもあるようです。アコムをはじめ消費者金融はこのようなペーパーカンパニーの情報をリスト化しており、仮に審査通過後に判明した場合は利用停止にとどまらず一括返済を迫られます。更には騙して借入をする訳ですから、あまりにも悪質な場合は警察に通報されます。こうなると既にバレるバレないの問題ではありませんね。

 

この様に在籍確認を絶対に成功させようとするあまりおかしな事態につながりかねません。そこで上記にも述べましたが担当者への事前相談が重要なのです。仮にアコムではなかなか電話がつながらない、どうしても勤務先のコンプライアンスにより在籍確認を聞き出せない場合にすぐに審査に落ちるわけではありません。他の審査に問題がなければ審査を通す事があります。その際は後日在籍確認の方法が取られた上で、借入金額も10万円位に抑えられたものになります。その後に在籍確認が完了すれば希望額への引き上げが瞬時に行われます。また担当者の判断しだいでは電話での在籍確認以外の代替案の提案があるかもしれません。例えば写真入りの社員証や雇用契約書の提出が求められれかもしれません。しかしこれらは担当者の判断によるものなのであくまで参考の話になります。何度も述べてますが先ずは担当者に事情を説明した上でよりよい方法で在籍確認を乗り越えましょう。

 

すぐ借りたいならアコム※駅周辺でキャッシングできます!
http://www.thorgerdurolafsdottir.net/

アコムの審査から利用まで絶対バレない心得を!

アコム審査

アコムのカードローンが家族や会社の同僚にばれないか?そもそも借入する人の大半は内緒でしたいという思いでしょう。そこで利用者のそんな思いをもとに展開されたアコムのサービスをフルに使わない手はありません。実際にバレるタイミングとしては審査時の勤務先への在籍確認、契約時に自宅に送られてくるキャッシングカードや契約書または利用規約などの郵送物、そしてカードローン利用中の明細書があげられます。在籍確認には最大限プライバシーに配慮した連絡が取られますし、審査通過による郵送物は申し込み方法により自宅以外での受け取りが可能となります。必ず自動契約機であるむじんくんで申し込みを完結してしまいましょう。

 

審査通過後はキャッシングカード、契約書の受け取りをする事で審査に関する郵送物が出る事を防げます。ネット申し込みに関してもキャッシングカードの受け取りのみをむじんくんや店頭窓口に指定する事も可能です。また利用中の明細書はアコムのホームページより会員ログインしてネットでの閲覧に設定を変更しましょう。これで自宅に明細書が送られてくる心配はありません。またキャッシングカードの存在が不安でしたらカードを破棄するのもありでしょう。

 

ただし振込キャッシングと口座引き落としでの返済のみでATMでの借入と返済は不可能となります。この様に審査から利用におけるまでサービスを活用する事でバレる恐れは回避できます。しかしながら審査や利用ではバレなくても返済に関しては全く違う話となります。返済の遅れは否応なく連絡が行われます。指定した連絡先の電話に出ない場合は自宅に連絡が行きます。

 

更には督促状が自宅に郵送されます。この様に自らバレてしまう状況を作り出してしまう訳です。そこで返済が遅れる際はアコムに連絡をとりましょう。遅延などが生じてもしっかり返済予定日を告げておけば無理に連絡をとってはきません。そこでバレたくなければ健全な借入と確かな返済を常に心掛けてカードローンの利用を行うことが大切です。

事前準備は欠かせない!アコムの審査の必要書類とは?

どのカードローンの審査においても必要書類が欠かせません。お金を借入する訳ですから本人であることを確認出来る書類は必須となります。役所で住民票や戸籍謄本などを想像してませんか?

 

しかしそんなに身構える必要はありません。実際アコムでは身近な本人確認書類を1つ用意することでカードローン契約が出来ます。しかし何でもよいというわけではなく、本人確認書類はアコムが認めたものでなくてはなりません。アコムの公式サイトで認められているのは運転免許証、交付を受けていない場合は健康保険証になります。記載はありませんがパスポートでも認められます。注意点としては本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は現住所を確認出来るものを追加で用意する必要があります。可能なものとしてガスや電気などの公共料金または社会保険の領収書や納税証明書になります。ただし6ヶ月以内の発行のものに限ります。この様な事例は審査が長引くことになりますし、審査中に追加で書類を提出する手間が生じます。特に単身赴任の方は現住所に気をつけましょう。以上のことを覚えておけばカードローン審査による必要書類の準備は問題ないでしょう。

 

ただしあなたがアコムで50万円以上の借入を望む場合、また他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は追加で必要書類を用意する必要があります。それは収入証明書になります。こちらも本人確認書類同様アコムの認めたものでなくてはなりません。可能なものとしては直近の源泉徴収票、給与明細書(地方税の記載がない場合は2ヶ月分と賞与明細が必要)、課税証明書になります。課税証明書に関しては最寄の役所での発行になりますし、発行に300円かかりますので無駄な出費になります。源泉徴収票は必ず年末調整後の1月から2月にかけて勤務先より配布を受けているうえ、記載の細かい条件などもないのでオススメです。手元にない場合は勤務先の総務課などで発行して貰えますので問い合わせしましょう。

 

因みに50万円以上の借入に収入証明書が必要なことはアコムに限らず貸金業法で定められていることになります。50万円以上の借入をして逆に提出を求められないような金融機関は怪しいということになります。この様に必要書類は案外身近なもので用意する事が可能になります。しかし急な借入が必要な場合や審査が長引くような事態を避けたい場合は事前の知識と準備が欠かせませんので覚えておくのが賢明です。